実は楽しい日本酒のソムリエ唎酒師(ききざけし)資格の取得方法

きき酒師

webライターであり、栄養士・唎酒師(ききざけし)のCHIEです。

ソムリエって「ワイン」は知っているけど、日本酒のソムリエってなに?っと思われるひと多いのではないでしょうか。一般的にワインの場合は、「ソムリエ」or「ワインコーディネーター」といいますが、日本酒の場合、「唎酒師(ききざけし)」といいます。

「日本酒」

わたしが20歳の時、お酒の中でいちばん最初に飲んだのが「日本酒」でした。っというか、日本酒以外は飲めませんでした。それから、社会人になり色んなお誘いや飲み会があり「カクテル」「チューハイ」「ビール」などお酒を飲むようになりましたが、やはり1番好きなのは「日本酒」。当時は、よくハタチなのに日本酒!?っと言われることもありましたが、本当に味の深さに感動して飲んでいました。

唎酒師の免許を取得したきっかけは?

色んなきっかけがあるかと思います。
「飲食店で使うから」「蔵元だから」「日本酒を販売しているから」「日本料亭で日本酒を紹介するから」
などなど様々な心意気があるかと思いますが、私は「日本酒が好きだから」でした。

でも、最後の1番のきっかけは、社会人大学での「日本酒の講義」。
聞いているだけで、講義を受けているだけで、本当に奥が深くて楽しかったんです。
日本の文化である日本酒、こんなにも手間暇かけて作られていて、同じ工程なのに味が1年ずつ違うお酒。
知っているようで、知らないことだらけのドキドキワクワクな授業でした。

講義が終わり2週間後には、協会の門を叩いてました(笑)

どんなひとが受けに来てたの?

私が受けたときは、教室の椅子が全部埋まるくらい来ていました。
なので、40人ぐらいだったかな。

みなさん、目的はさまざまでしたが、目指す目標は同じ!幅広い年代の人が受けていました。下は20歳から、上は70代ぐらいまでで、男女同じぐらい。

日本人だけではなく、海外の人もいらっしゃいました。
3分の2ぐらいがお仕事で使うから。3分の1は私と同じで日本酒が好きだからでした。

 

唎酒師になるためのプログラム

資格を取得するためのプログラムコースがあります。

  • 通信コース
  • 1日通学コース
  • 在宅コース
  • 夜間通学コース
  • 2日間集中プログラム

※協会が2つありますが、NPO法人FBOが主催している方の説明です。

 

1番人気は通信らしいのですが、私は、2日間の集中プログラムで取得しました。

確かに、日本酒は好きですが、細かいことは解らない。教科書を読んでも「?」のところもありました。

正直、テイスティングサポートテキストなどありますが、実際プロのひとの意見を座学で確認しながら、テイスティングをし表現を勉強したほうが、良いのではないか。
っという考えで集中プログラムを選びました。

2日間どんな講義だったの?

1日目

おもてなし座学

★確認テスト

日本酒座学

★確認テスト

テイスティング座学

★確認テスト

2日目

日本酒座学

★確認テスト

テイスティング座学

★確認テスト

本試験

 

上記のような流れでした。もちろん休憩はあります。

ほかの受講者とは少し話す程度で、私はほぼ自分の世界で没頭しないと合格できないのでは…

という衝動にかられていたので、ほとんどおしゃべりはしませんでした。だって、高いお金はらっているんだもの、、、自分のものにしないと。。。

休憩中に解らないことを講師に聞きに行く、協会の展示品を見に行くなどしてました。

結構、聞きに行っている人が多く順番待ちの時もありました。

 

確認テストって?

毎回、座学で勉強したものの確認テストがあります。ちなみに、合格点に達していない人は、別室で再テスト。

ちなみに、最後の本試験で点数が足りていない人は、職員に肩を叩かれて別室で追試。

1~2割の人が叩かれる恐怖を味わっていました。こわ!!!

資格はいつもらえるの?

2日目の本試験を通過し、取得が確定した当日付与されます。

付与される資格は

唎酒師(ききざけし)資格認定証・唎酒師(ききざけし)ピンバッジ

「F&Cナビゲーター」認定証

品質鑑定士認定証

上記の3つが付与されます。

 

費用はどれくらいかかるの?

1番取得に気がかりなのが、費用ですよね。

わたしは当時、社会人大学に通っていたこともあり、学割が使えましたが、現在は、学割が適応されなくなっているみたいですね。

●通信

一般 58,800円 認定会員 29,400円

●1日通学コース

一般 58,800円 認定会員 29,400円

 

●在宅コース

一般 58,800円 認定会員 29,400円

●夜間通学コース

一般 63,800円 認定会員 31,900円

●2日間集中プログラム

一般 139,100円 認定会員 52,100円

※4月15日現在

まとめ

2日間集中プログラムは、費用はかなりかかりますが、一生の資格を取得できたと思っています。また、おもてなし資格も品質認定士も同時取得でき、好きな日本酒を紹介できて、

さらに、日本文化の良いところを発信できればなお良いなと考えています。

もし、興味がある・気になるっと言う方は、ぜひ「きき酒師」で検索してみて下さいね。

日本酒のワンポイント

唎酒師は、実は「辛口の日本酒」という表現は使いません。

唐辛子や辛子、ワサビなどのように、強く刺激するような味である事をあらわすので、

多くの人が日本酒の表現やイメージとして使っているコトバですが使わないのです。

例えば「ひきしまる味」「すっきりする味」が味の表現としては、妥当な表現かなと。。。むずかしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました