風呂の鏡の水垢・ウロコ状汚れの原因は?掃除方法が知りたい!

体験談コラム

お風呂の掃除ってやる気が出ないですよね。

お風呂に入るとついついリラックスをしてしまって、

最後、掃除をするのがめんどくさく感じてしまいます。

 

しかし、そうしているとすぐにお風呂に汚れが溜まってしまいます。

お風呂の中で特に汚れやすいのはですよね。

 

お風呂場の鏡には白い塊のような汚れがついてしまいますが、

あれを落とす方法はないのでしょうか?

ここではお風呂の鏡の汚れの掃除方法について、

解説をしていきたいと思います。

風呂の鏡の汚れって何が原因?

まず、あのお風呂場の鏡の白い汚れは一体どうして発生するのでしょうか?

あのいつの間についている汚れの正体が気になりますよね。

 

お風呂場の鏡についている白い汚れの正体ですが、

あれば水垢と呼ばれるものです。

 

水垢は水道水に含まれるているカルキであったり

カルシウムなどのミネラル分が、こびりついて固まったものです。

 

カルキは水道水を安全に飲むための処理ですし、

ミネラル分は元から水に含まれています。

 

ですので、これらを取り除くことはできないです。

お風呂に入ったら、水道水は鏡に着きます。

 

水道水の中の水の成分は蒸発をしてくれますが、

カルキやミネラル分は蒸発をせずに残ったままです。

 

そしてこの残った成分が固まることによって、水垢が発生してしまいます。

 

水垢が発生するのはお風呂場以外にもあります。

 

台所のシンクや、洗面所の鏡など、水垢は水道水が原因ですので、

水道水を使うところには大抵できます。

 

水道水から水垢の原因となるカルキやミネラルを取り除くことはできないため、

水垢の発生を防ぐことは困難です。

 

なので水垢を防ぐようにするよりは、

水垢を落とす方法を知っておいたほうがいいです。

 

では水垢を落とすことができる掃除方法とは何なのでしょうか?

続いて解説していきます。

水垢の掃除方法

水垢の掃除方法を解説します!

風呂の鏡についた水垢ですが、一体に何が有効なのでしょうか?

 

結論から言えば、

風呂の鏡についた水垢にはクエン酸有効です。

 

しかし、どうして水垢にクエン酸が有効なのでしょうか?

クエン酸とは?

その理由を解説していきます。

クエン酸ですが、名前自体は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

クエン酸はみかんなどの柑橘類に多く含まれている成分です。

疲労回復効果もあり、食品だけでなくサプリメントしても人気があります。

 

そんなクエン酸、実は殺菌効果も高い成分となっています。

なのでクエン酸は洗剤としても使われます。

 

ドラッグストアや100円ショップには洗剤用のクエン酸が、

大抵売られているのですぐに手に入れることができます。

 

しかし、そんなクエン酸ですが、どうして水垢に対して有効なのでしょうか?

クエン酸が水垢に有効な理由

それはクエン酸の成分に秘密があります。

クエン酸は酸性の成分となっています。

 

この酸性はアルカリ性と合わせると中和されます。

 

水垢の成分はアルカリ性のことが多く、水垢に対して酸性のクエン酸を使えば、

水垢のアルカリ性を中和させることができます。

 

そしてそれによって、水垢の成分は弱くなるので綺麗に掃除しやすくすることができます。

クエン酸を使った掃除方法

クエン酸を使った掃除方法はとても簡単です。

まずはクエン酸1:10の割合で混ぜて、クエン酸水を作るようにします。

 

そしてそのクエン酸水をスプレーボトルに入れて、クエン酸水スプレーを作ります。

クエン酸もスプレーボトルも100円ショップに売っていますので、

それらを組み合わせるだけで簡単に出来上がりますね。

この出来上がったクエン酸水をお風呂場の鏡の水垢に吹きかけます。

クエン酸水を吹きかけたらその上からキッチンペーパーを

パックのように付けます。

 

それによってしっかりと水垢にクエン酸を

浸透させることができます。

その状態で40分ほど放置します。

 

後はキッチンペーパーを剥がし、水垢を洗いながせば掃除は終わりです。

もしクエン酸がない場合ですが、その時は同じ酸性であるを使うことができます。

 

酢の成分は酢酸とも呼ばれ、まさに酸性の成分ですね。

酢を使う場合は、同様に水で酢を薄めて使うようにしましょう。

クエン酸や酢を使っても水垢が落ち切らない時は?

落ち切らない原因としては、水垢に皮脂などの汚れが混ざっている場合です。

 

皮脂は酸性であるため、同じ酸性であるクエン酸や酢を使っても、

どうしても落としきることができません。

洗剤用の重曹を利用

頑固な皮脂汚れが含まれている水垢を落とすには。

そうなったら、洗剤用の重曹を使うようにします。

 

重曹はベーキングパウダーなどに使われていますよね。

 

食品のイメージがあるかもしれませんが、

実は重曹にも殺菌効果もあって掃除に使用することができます。

 

洗剤用の重曹も100円ショップやドラッグストアには大抵売っています。

 

重曹はアルカリ性ですので、先ほどと同様の考え方で、

酸性の成分の汚れに効果を発揮します。

 

なので重曹も同じように重曹水スプレーを作ったら、

クエン酸と同様に掃除を行えば残った汚れを落とすこともできます。

 

ぜひこれらの方法でお風呂の鏡の水垢を綺麗にしてくださいね。

 

まとめ

 

クエン酸や重曹は安価で手に入りやすい上に、

科学的に掃除をすることができるコストパフォーマンスの良いアイテムです。

 

もちろんお風呂場の鏡の水垢以外にも使える場所は多いので、

ぜひとも常備しておきたいアイテムです。

 

これらをうまく活用して、家をいつでも綺麗にするようにしてくださいね。

(30代 男性 執筆者:医療従事者)

コメント

タイトルとURLをコピーしました