【実体験】無痛分娩を体験してみた!費用はいくらぐらい?

おすすめ

想定外!孤独の33時間

出産頑張る!っと意気込んでいたわたし。でも、心の中では出産は『痛い』『怖い』『大丈夫なのか』という感情もかなりありました。特に痛いのは「大」がつくほど嫌いです。
陣痛の痛さのレベルは、チリも積もれば。だんだん耐えれなくなる(涙)正直、陣痛の痛さを甘くみていました。私の場合、出産時間は33時間。24時間、1日は耐えれました。2日目は、同じ痛さでも耐えれなくなってしまいました。

当初の予定

自然分娩予定でした

当初は自然分娩の予定で、時間も数時間かな?っと考えておりました。その理由は、無痛分娩は、怖いものと認識していたので、考えていなかったのです。また、わたしの場合は、無痛分娩は予約制で、予定日も変わる?という噂もあり、まあ、自然分娩でがんばるから、無痛分娩より自然分娩を主に調べたりしていました。

立ち会い出産

新型の影響で、出産時の立ち会い出産+面会はすべてNGです。なので、分娩室で恐らくトータルで24時間は完全に孤独の放置でした。というのも、看護師さんが4時間おきに5分程度チェックにきては様子見。携帯の使用はOKで、通話もOK、メールもOKだったので、ひたすら携帯をみて痛みに耐えてました。とにかく、本当に物凄く寂しかったです。

差し入れや面会

もちろん新型の影響ですべてNGです。なにかモノを持ってきてもらう時は、家族ですら接触できないので、ナースステーションを返して、受け渡しでした。分娩室にももちろん入れない。出産後も病室に来ることもできません。

思いがけない提案

そんな中なので、30時間目にて思いがけない提案『無痛分娩をオススメします』っというカミてきな言葉。もちろん、痛さも我慢も限界で叫んでいました。助産師さん・産科医師・麻酔医師、総勢15人に囲まれて、まさかボールペンを持って、笑っちゃうくらいヘロヘロな字で契約書にサインw

無痛分娩とは

無痛分娩とは、陣痛による痛みを和らげることが目的です。痛みがなくなるわけではありません。生理痛くらいの痛みはのこります。

なぜそのタイミングで?

わたし的には、なんで?もう少し早い段階で変更したら…と思いましたが、後日、産婦人科の先生に聞いてみると「無痛分娩は子宮口がある程度広がらないと使えない」とのことでした。そのタイミングが、提案を頂いたときだったのです。

30時間目の休息のひととき

点滴と酸素吸入をしながら、背中を丸め背中の真ん中より少し下あたりから、カテーテルで麻酔を投与。背中全体に冷たい冷水を流された感覚が広がった。。。と思ったら、陣痛の痛さがジョジョに無くなった!
耐えれる痛さに。あんなに耐えられない痛さが、まさかの飲み物が飲める!助産師さんとお話できるくらいに。30時間目の久しぶりの「弱」の痛さでした。

出産時の痛み

ちなみに、想像ができないかと思いますが、陣痛の痛みは、、、、

例えて言うと「下腹部に片頭痛で頭が割れるくらいの痛さが30秒ぐらい」

それが10分、7分、5分、3分っと間隔が短くなっていきます。

無痛分娩というのに無痛ではない?

女性
女性
そうしたら、無痛で出産時も過ごせたの?
いいえ、、、、めっちゃ痛いです。
CHIE
CHIE

無痛分娩の麻酔で、力強くリキむことができないっということで、出産の時はリキむため麻酔を減らされ、激痛に戻され陣痛の痛いときにリキむ。どちらかというと、自然分娩と同じ感じです。そして時間的に母子ともに危ないロスタイムに、、、そのため吸引分娩&看護師さんのお腹プレスをすること1時間半。
最後は、嘔吐しながらの出産でした。

無痛分娩のその後

まさかの副作用勃発!

頭痛は、寝ていたら全くと言っていいほど痛くないんです。頭を30度上げるとフルスイングされたような頭痛が出産翌日から始まりました。起き上がれない日がまさかの3日間。ちなみに、トイレは貞子スタイルで、食事は涅槃(横に寝たまま)スタイルで過ごしました^^;

ちなみに、個室に移されたあと、無痛分娩の説明書を頂きました。そこの一番下に、「局所麻酔の影響で分娩後に頭痛を起こす可能性が1%程度あります。ほとんど3日~1週間以内に自然に良くなります。」と記載がありました。

退院時の恐怖

無痛分娩の費用っていくら?

実は費用がいくらかかるか知らされていませんでした。当時は、あの痛さから逃れればと思うことしか頭になかったので、医療費明細を見るまでドキドキでした。
医療費の内容は、
保険外負担 無痛分娩 ¥50,000
おや?
無痛分娩の金額が思ったより安かった!!全くの無知だったので、無痛分娩費用だけで、50万行っていたらどうしようと悩み思いふけっていました。なので、お会計まで不安でした^^;だって、調べると3万~50万という大雑把な数字しかわからないんだもの。

病院によって、違うらしいので、もし!考えているひと・考えていないひとも一度お値段を聞いてみるのも良いかもしれません。あとで、ドキドキしないためにねw

まとめ

はじめてのお産で、まさかの33時間は本当に大変でした。立ち会い出産+面会は新型の影響で誰とも会えなく、結構寂しかったです。

また、事前にいろんなお産の情報を集めて、調べて、いろんな不安を取り除いていました。が、無痛分娩は調べてはいませんでした。今思うと、あの痛さをから逃げれることを考えて、事前に調べて不安を取り除けば良かったと思いますが、本当に利用してよかったと思いました。

お産方法や少し金額が知りたいと思われた方、ご参考にしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました